Gold Clinic

ED・AGAにオンライン診療のゴールドクリニック

ブログタイトル

シアリスが一番硬くなるのか

シアリスが一番硬くなるのか
シアリスはED治療薬のなかでも人気のものです。それでは効果としてはどうでしょうか

はじめに

ED治療薬と言えば、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類に加え、それぞれのジェネリック医薬品が挙げられますが、その中で「最強の(最も効く)ED治療薬はどれなのか?」という話題があります。
その候補としてシアリス20mgが挙げられます。
(20mgというのは、1錠における用量のことです)

シアリスは「硬さ」に効果があるとも言われています。
ですが実際には、3種類のED治療薬のうちどれが最も効くのかについては、使用する方の体質により個人差があるとしか言えません。
ただ、用量に注目した場合、「日本では最強のED治療薬はレビトラ20mgかシアリス20mgの可能性が高い」ということが言えます。
当記事では、その理由について、勃起の仕組みや勃起機能と硬さの関係を踏まえて、具体的にご説明します。

シアリスの効果

まず、シアリスの効果についてご説明します。
シアリスは他のED治療薬と同様に、医学的には「PDE5阻害薬」と言われている薬であり、「勃起機能の改善」効果があります。
では、PDE5阻害薬が勃起機能を改善する理由について、具体的にご説明します。

勃起は、陰茎の海綿体に血液が十分に流れ、陰茎が大きくなることで生じます。
そして、陰茎の海綿体へ血液が流れるためには、海綿体を囲んでいる「海綿体平滑筋」という筋肉が緩む必要があり、この筋肉を緩める効果を持つのがシアリスです。
具体的には、cGMPという物質が海綿体平滑筋を緩める効果を持つのですが、この物質はPDE5という酵素に分解されてしまいます。
そのため、シアリスがPDE5を阻害することで海綿体平滑筋を緩め、陰茎に流れる血液の量を増やし、勃起を改善します。

ペニスの硬さとはなにか

では、ペニスの硬さについては、勃起機能とどのような関係があるのでしょうか。
結論としては、「ペニスの硬さは海綿体の血液の量に左右される」ということが言えます。

先述したように、勃起は、陰茎の海綿体に血液が十分に流れ、陰茎が大きくなることで生じます。
その際に、まず初めにペニスが大きくなり、その後、ペニスが硬くなります。
つまり、ペニスの硬さは勃起の度合いによるものであり、海綿体に流れる血液の量によって硬さが決まります
そのため、特別にペニスを硬くするような薬はなく、陰茎の海綿体に血液が十分に流れ、勃起をしっかりと促すことで、ペニスを硬くすることができるのです。

勃起の仕組みについて、より詳しく知りたい方はこちら

contents.goldclinic.jp

シアリス20mgは最強のED治療薬

では、冒頭で述べたように、シアリス20mgが最も効くといわれている理由についてはどうでしょうか。
結論としては、「日本で認可されている薬の用量に対しての効果が強いため」です。

現在、日本で認可されている薬の用量(1錠分)としては、

  • バイアグラ:50mgまで

  • レビトラ:20mgまで

  • シアリス:20mgまで

と定められています。
そして、注目すべきことは、薬の種類によって、用量に対しての効果の度合いが異なるということです。
効果の点では、バイアグラ50mg・レビトラ10mg・シアリス10mgが標準量として同等です。

そのため、日本で認可されている用量に従って使用した場合、レビトラ20mgとシアリス20mgの効果が最も強いと言えます。
ただし、効果の強さと同様に、副作用も用量に従って強くなるため、必ずしも効果が強いほど良いというわけではありません。
ご自身で適切な用量を知る必要があります。

まとめ

今回は、勃起の仕組みや、勃起機能と硬さの関係についての説明を踏まえた上で、「最も効くED治療薬はどれなのか」ということについてご説明しました。
まとめますと以下の通りです。

  • ペニスの硬さは勃起の度合いによる

  • 日本で認可されている用量に従ってED治療薬を使用した場合、レビトラ20mgとシアリス20mgの効果が最も強い

ご自身に合うED治療薬の種類・用量を見つけ、上手に活用していきましょう。

監修医師:老木悠人