Gold Clinic

ED・AGAにオンライン診療のゴールドクリニック

ブログタイトル

レビトラを使えない方

レビトラを処方できない方
レビトラはED治療薬として有効な薬です。薬を使う上で大切な「禁忌」などについて知っておきましょう

はじめに

レビトラを使う際にまず、問題になるのは「安全に使えるか」です。
レビトラはバイアグラと比べると、透析中の方や不安定狭心症の方が使えないという点で、やや厳しいです。
どのような方がレビトラを安全に使えるか使えないかをみていきましょう。

薬を使えるかのルール

まず一般的な処方薬が適切に使用できるかという点で3段階に分かれます。

  • 禁忌

  • 慎重投与・注意

  • 問題なく使用可能

禁忌の方は使用すると危険性が高いため使用できません。つまり処方できません。

慎重投与・注意(以降、注意と記載)の方は使用可能だが注意が必要です。つまり処方可能です。

問題なく使用可能な方は、特別の注意は必要ありません。

「禁忌」「注意」「問題なし」の判断は製薬会社が薬を開発した際に、人体への投与を含めた研究によって決められます。

それでは実際にバイアグラの禁忌・注意についてみてみましょう

レビトラが使えない方

まずは少し読みにくいですが、正確に知るために製薬会社から公式に発表されている禁忌を見てみましょう。
(順番などはみやすいように変更しています)

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を投与中の患者
  • 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
  • 先天性のQT延長患者(QT延長症候群),クラスIA(キニジン,プロカインアミド等)又はクラスIII(アミオダロン,ソタロール等)の抗不整脈薬を投与中の患者
  • 重度の肝機能障害のある患者
  • 血液透析が必要な腎障害,低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg),不安定狭心症のある患者
 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者
  • 網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害を持つ症例が少数認められる。]
  • リオシグアト,CYP3A4を阻害する薬剤(リトナビル,インジナビル,アタザナビル,サキナビルメシル酸塩,ホスアンプレナビル,ロピナビル・リトナビル,オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル,ダルナビル,テラプレビル,ケトコナゾール(外用剤を除く),イトラコナゾール,コビシスタットを含有する製剤)を投与中の患者

これだと分かりにくいので、もう少し分かりやすく言い換えると

  • これまでレビトラでアレルギーがあった方
  • 狭心症や心筋梗塞などの持病があり硝酸薬を飲んでいる方
  • 心臓が弱っていてSEXの運動量に耐えられない方
  • 肝酵素(AST,ALT)が200近いなど
  • 透析中の方
  • 低血圧(<90/50mmHG)や高血圧(>170/100)
  • 不安定狭心症(進行性で状態が落ち着いていない狭心症)の方
  • 6ヶ月以内に脳卒中や心筋梗塞を起こした方
  • 網膜色素変性症の方
  • 不整脈に関しておくすりを飲んでいる方(ただし心房細動は除く)
  • リオシグアトやCYP3A4阻害薬を内服中の方

このように、禁忌に関してはレビトラはバイアグラよりも厳しいです。

バイアグラを使えない方についてはこちら

contents.goldclinic.jp

バイアグラとの違いとして以下の方はバイアグラは使用可能ですがレビトラは使用できません

  • 透析の方、不安定狭心症の方
  • 不整脈の薬がより多く禁忌(バイアグラではアミオダロンのみ禁忌)
  • CYP3A4阻害薬を内服中の方(バイアグラでは注意)

レビトラの使用に注意が必要な方

注意は大きく2つに分けられます。
薬の量に注意が必要な方副作用に注意が必要な方です。
またここでは注意が必要な持病について説明しています。 飲み合わせの薬について気になる方はこちらからご確認ください。

https://contents.goldclinic.jp/entry/levitra-mixcontents.goldclinic.jp

レビトラの量に注意が必要な方

  • 中等度の肝機能障害のある方

 開始量:5mg 上限量:10mg

  • 高齢者の方(65才以上)

 開始量:5mg 上限量:10mg

薬の量として、開始量上限量の2つに注意が必要です。

開始量は飲み始めの量で、通常の方はレビトラの場合10mgです。
上記の方は副作用が起きる可能性が高いため慎重にはじめましょう、ということです。

上限量は一度に飲める最大量で、通常の方はレビトラの場合20mgです。
薬を体内でうまく処理できない方は薬の濃度が濃くなってしまうために上限量が少なめになっています。

バイアグラとの違いとして、腎機能障害のある方でも通常量で使用できます。

レビトラの副作用に注意が必要な方

  • 陰茎の構造上欠陥(屈曲、陰茎の線維化、Peyronie病等)の方
  • 鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等の方
  • 出血性疾患又は消化性潰瘍の方

これらの方はレビトラの使用は通常通りできますが、それぞれ特徴的な副作用がでる可能性があるため、注意が必要です。
それぞれ理由として

  • 性行為が困難であり痛みを伴う可能性がある。
  • 持続勃起症のリスクがある
  • 出血性疾患又は消化性潰瘍のある方に対する安全性は確立していない。
  • 心臓の病気のリスクが高いため

となっています。

レビトラを問題なく使用可能な方

上記のいずれにも当てはまらない方はレビトラを問題なく使用できます。

簡単に言うと
心臓、肝臓、腎臓に特に問題がなく、網膜色素変性症でもない方はレビトラを問題なく使用できます。

まとめ

レビトラの使用には禁忌と注意の2つの気をつけなければならない方がいます。
細かいところまでご説明しましたので、少し難しい部分もあったと思います。

ご自身では分かりにくい場合も受診時に医師がしっかりと確認し、禁忌の方には処方できないこと(その際には返金させていただきます)、注意が必要な場合にはそのことをお伝えしますので、お気軽に受診してください。


少しだけ私たちゴールドクリニックについてお知らせをさせてください。
私たちは「確かな医療を身近に」の理念のもと
ED薬をご提供しています。
オンライン診療(電話診療)で自宅から受診可能で
はじめての方向けのセットもご用意しています
goldclinic.jp