Gold Clinic

ED・AGAにオンライン診療のゴールドクリニック

ブログタイトル

バイアグラと飲み合わせの悪い薬

バイアグラと飲み合わせの悪い薬
バイアグラはED治療薬として良い薬ですが、一緒に飲むとよくない薬もあります。

はじめに

バイアグラを上手に使ううえで、相性の悪い飲み薬があります。

相性の悪い病気についてはバイアグラを飲み始める際の注意が大事です。
一方、相性の悪い薬はバイアグラを処方された後にもふとした際に処方される可能性があるため気をつける必要があります。
今ご自身が飲んでいる薬の相性が大丈夫か確認してみましょう。


飲み合わせの悪い薬の分類

薬の飲み合わせの相性は

  • 一緒に飲むことは危なくて推奨できない = 禁忌
  • 一緒に飲むことはできるが注意が必要 = 注意
  • 一緒に飲んでも問題ない

の3段階あります。

バイアグラと飲み合わせに問題のある薬一覧

【禁忌】

ニトログリセリン

硝酸イソソルビド

ニコランジル

アミオダロン塩酸塩

リオシグアト

【注意】

リトナビル

サキナビル

ダルナビル

エリスロマイシン

シメチジン

ケトコナゾール

イトラコナゾール

降圧剤

など

よくある質問として
Q:高血圧の薬(降圧剤)を飲んでいるとバイアグラは飲めませんか?

A:飲めます。ただし血圧低下の副作用がでることがあるため、注意が必要です。

バイアグラと併用できない薬

禁忌薬はリスクが高いためにバイアグラと同時に飲むことはできません。

禁忌薬を使っている方の対応としては、禁忌薬をやめるか、バイアグラをやめるかのどちらかです。

要点に禁忌薬の成分名をまとめましたが、実際にお手元にある薬の名前は成分名ではなく商品名として表示されています。
成分名とは薬の実際に効果のある有効成分の名前です。
商品名とは各製薬会社がそれを販売する際につける名前で、科学的なものではありません。

分かりやすいようにそれぞれの商品名を以下に示しています。
ただ、商品名は非常に多くすべてを網羅しきることは難しいため、ご心配な方は医師にご確認ください。

硝酸薬(ニトログリセリン、硝酸イソソルビド、ニコランジル)

  • 硝酸薬は心筋梗塞や狭心症など心臓の病気に対して処方されます。

禁忌となっている理由としては、硝酸薬もバイアグラと同様に血管を広げる作用があるため、血圧が低くなってしまうリスクが高いためです。

また、硝酸薬は飲み薬だけではなくテープ(貼付薬)やスプレー(噴霧剤)がありますが、いずれも体内に吸収される点では同じですのでテープやスプレーも禁忌となっていますので注意してください。

成分名 商品名
ニトログリセリン ニトログリセリンテープ27mg「トーワ」
ニトロダームTTS25mg
ニトロペン舌下錠0.3mg
バソレーターテープ27mg
ミオコールスプレー0.3mg
硝酸イソソルビド アイトロール錠10mg
アイトロール錠20mg
イソコロナールRカプセル20mg
一硝酸イソソルビド錠10mg「サワイ」
一硝酸イソソルビド錠10mg「タイヨー」
一硝酸イソソルビド錠20mg「サワイ」
一硝酸イソソルビド錠20mg「タイヨー」
硝酸イソソルビド徐放錠20mg「サワイ」
硝酸イソソルビド徐放錠20mg「ツルハラ」
硝酸イソソルビド徐放カプセル20mg「St」
硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」
硝酸イソソルビドテープ40mg「サワイ」
ニトロール錠5mg
ニトロールスプレー1.25mg
ニトロールRカプセル20mg
フランドル錠20mg
フランドルテープ40mg
フランドルテープ40mg
ニコランジル シグマート錠2.5mg
シグマート錠5mg
ニコランジル錠2.5mg「サワイ」
ニコランジル錠2.5mg「トーワ」
ニコランジル錠5mg「サワイ」
ニコランジル錠5mg「日医工」

アミオダロン塩酸塩

アミオダロン塩酸塩は不整脈に対して処方されます。
ただ、不整脈には色々な病気が含まれています。
心房細動や房室ブロック、発作生上室性頻拍など。
それぞれの病気によって行われる治療は異なります。

ただその中でもアミオダロン塩酸塩の使用頻度は少ないです。

「不整脈」に対してお薬を処方されていて、よくわからない場合には医師にご確認ください。

アミオダロン塩酸塩が禁忌の理由は不整脈への影響(QTc延長作用)が増強するおそれがあるからです。

成分名 商品名
アミオダロン塩酸塩 アミオダロン塩酸塩錠100mg「サワイ」
アミオダロン塩酸塩錠100mg「サンド」
アミオダロン塩酸塩速崩錠50mg「TE」
アンカロン錠100

リオシグアト

リオシグアトは慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)および肺動脈性肺高血圧症(PAH)に対して処方される薬です。

バイアグラと同時に飲むと低血圧を起こすリスクがあります。

成分名 商品名
リオシグアト アデムパス錠0.5mg
アデムパス錠1.0mg
アデムパス錠2.5mg

バイアグラと一緒に飲む際に注意が必要な薬

注意となっている薬はバイアグラと同時に飲むことができます

ただバイアグラの量に注意が必要なものと副作用に注意が必要なものがあります。

バイアグラの量に注意が必要なもの

バイアグラは体内でチトクロームP450(CYP) 3A4という酵素によって処理されます。
そのため、チトクロームP450 3A4の働きが悪くなると体内でバイアグラが濃くなってしまいます。

したがって、チトクロームP450 3A4阻害薬を飲んでいる場合、バイアグラ 25mgから内服を開始することが推奨されます。

チトクロームP450 3A4阻害薬の代表的なもの

  • リトナビル・サキナビル:HIVやC型肝炎

  • エリスロマイシン:風邪や扁桃炎

  • シメチジン:胃薬

  • ケトコナゾール、イトコナゾール:白癬、カンジダなど真菌感染

  • ボセンタン:肺高血圧症

  • リファンピシン:結核

この中で一般に使われることが多いのはエリスロマイシンとシメチジンです。

エリスロマイシン抗生物質(抗菌薬)の一種です。
一般的な風邪や扁桃炎でも処方されることがあります
ただ、扁桃炎などで使われる抗生物質は様々ありますので、ご自身の薬がエリスロマイシンかどうかは確認が必要です。

シメチジン胃薬の一種です。
ただし、胃薬にも色々な種類があります。胃薬のなかでは頻繁に使われるものではありません
バイアグラを内服する際にはご自身の薬がシメチジンかどうか一度ご確認ください。

成分名 商品名
リトナビル |カレトラ配合錠
ノービア錠100mg
サキナビル インビラーゼ錠500mg
インビラーゼカプセル200mg
エリスロマイシン エリスロシン錠100mg
エリスロシン錠200mg
エリスロシンドライシロップ10%
エリスロシンドライシロップW20%
エリスロシンW顆粒20%
エリスロマイシン錠200mg「サワイ」
シメチジン カイロック細粒40%
シメチジン細粒20%「ツルハラ」
シメチジン錠200mg「JG」
シメチジン錠200mg「NP」
シメチジン錠400mg「JG」
シメチジン錠400mg「NP」
タガメット細粒20%
タガメット錠200mg
タガメット錠400mg

副作用に注意が必要なもの

バイアグラは血管を広げて勃起を促すため、その他の血管を広げる作用を持つ薬と併用すると血管を広げる作用が増強され血圧が低くなってしまうリスクがあります。

代表的なものとして

  • 降圧剤全般

  • アルファ遮断剤

があります。

降圧剤は高血圧に対するお薬全般なので非常に種類が多く、ここでは挙げきれません。
高血圧に対してお薬を飲んでいる方はみなさん当てはまりますのでご注意ください。

アルファ遮断剤は前立腺肥大症に使われます
前立腺肥大症の方の多くはアルファ遮断剤を使用されていますので、ご注意ください。

まとめ

バイアグラの併用薬には禁忌と注意の2つがあります。

分かりにくい場合も受診時に医師がしっかりと確認し、禁忌の方には処方できないこと(その際には返金させていただきます)、注意が必要な場合にはそのことをお伝えしますので、お気軽に受診してください。

また、こちらではバイアグラと飲み合わせの悪い薬についてご説明しましたが、持病について気になる方はこちらから

contents.goldclinic.jp


少しだけ私たちゴールドクリニックについてお知らせをさせてください。
私たちは「確かな医療を身近に」の理念のもと
ED薬をご提供しています。
オンライン診療(電話診療)で自宅から受診可能で
はじめての方向けのセットもご用意しています
goldclinic.jp